Mask Networkを使ってWeb3.0の世界へ|No.002 -Mask Networkから世界限定333個の激レアNFTが2月15日に販売決定
Henry
-更新情報-
こちらのNFTの発売は延期になり、2/25になりました。
販売までにWL獲得チャンスはあるので、公式ディスコなどで情報を追ってください。

はじめに

Henry
こんにちは。
前回の記事から1ヶ月弱。
Web Conference Tokyoに行ってきた内容の記事も含めて結構な量の記事が下書き状態で増えてきました。
一度、投稿を止めたら筆が進まなくなるとはよく言ったものですが、その代わりにクリプトの方では一定の成果を出せているので、何とも悩ましい今日このごろです。
Cookie
顔、変わってない?
Henry
整形しました。
名前は「悪魔ちゃん」みたいです。
結構、気に入っていて魔るしあんさんのディスコチャンネル立ち上げキャンペーンに当選して貰ったものです。
しばらくは、これでいきます。
Cookie
おけまる。

Mask Network から限定NFTが2月15日に発売決定

Henry
まずは、こちらのツイートをご覧ください。
https://twitter.com/realmasklover/status/1491099359219716097?s=20&t=b4Bxd2v8FPN6V-RotMzatg
@arealmasklover氏のツイートより
Henry
以前から、こちらのブログでも取り上げていたMask NetworkがNFTを販売することになりました。ホワイトリスト限定。
Cookie
おぉ!
Henry
こちらは、コミュニティメンバーの"@6olog氏"が描いたもので333個限定です。この方の、bioを読んだのですが、中々に興味深い内容でした。

コレクション名 - "Mask On"
販売日 - 2022年2月15日
(時間帯不明のため、公式ディスコとTwitter要チェック)
価格 - 0.03Eth
( 本日のレートで、約$97 )
販売方法 - MaskBox
Cookie
最近、NFT、NFTってスゴいじゃん。
これってどうなの?
Asunaとか暴落してるじゃん。
Henry
このブログは投資助言ではないですが、個人的にこれは100%確と思っています。
Cookie
マジか。なんで。
Henry
Maskの公式NFTやPOAPって、持ってるだけでもメリットがあります。
Cookie
なぬ。
Henry
保有メリットと今回のNFTを購入することで手に入れられる予測付加価値の説明をする前に、今までにMask Networkで配布されてきたNFTやPOAPなどをおさらいしましょうか。

過去に販売 / 配布されたMask NetworkのPOAPとNFT

Mask Networkから配布されたPOAP

Henry
まずは、POAP。
直近のから遡って見ていきましょう。
2022年New Year Exclusive
Henry
これは、覚えている方も多いのではないでしょうか。
こちらのブログでも紹介したものです。
私にとっても初めてMaskから貰った思い出深いPOAPです。
クリスマス限定POAP
Henry
これは、Twitter上で配布された限定50個のPOAPです。
ツイート後に、直ぐに売り切れ。
限定4つの激レアPOAP
Henry
詳細不明ですが、Supply 4という。
配布数31個のPOAP
Henry
こちらも詳細不明ですが、おそらくバグ発見者に配布されたのではないのではないでしょうか。
Cookie
このPOAP持ってたら、何か意味あるの?
Henry
ある。

直近では、Ideamarket というMask のパートナープロジェクトの$IMOが上記のPOAPもしくは"US 2020 Election NFT"のNFTを各種2個以上保有していたら無条件で配布されました。

そして、もし1個でも該当のPOAPもしくはNFTを保有していたらfirst-come-first-serveで、登録した順に$IMOが配布されました。
Cookie
んじゃあ、新年のPOAP持っていたら応募できたのか。
Henry
そういうことです。
しかし、その時に配布されるPOAPによって配布数や獲得難易度が全然異なるので、確実に手に入れられるのは手に入れたほうが絶対に良いです。

Mask Networkから配布されたNFT

Henry
では、次はNFTを見ていきましょう。
年始に50個限定で抽選にて配布されてNFT
Henry
こちらは、抽選で応募者の中から50名限定で配布されたNFTです。犬やらパンクスやらApeなど、色々なキャラが描かれており非常に演技の良いNFTです。
RSSとのNFT
Henry
これは、MaskとのパートナーシッププロジェクトでもあるRSS3とのNFTです。
Galaxy IDにて獲得できたNFT
Henry
こちらは、Galaxy IDにて獲得できたNFTです。私が気づいた時には全て時既に遅し。愛らしいデザインなので欲しいかったですが、何一つゲットできませんでした。
Web 3.0 Comference Tokyo参加者限定NFT
Henry
そして最後は、先月東京にて開催された豪華メンバー勢揃いのイベントWeb3.0 Conference Tokyoのオンライン / オフライン参加者の方へ限定配布されたNFTです。

この後に、更に限定NFTが配布されたのですが名前が分からなかったためOpen Seaで見つけられませんでした。
Cookie
無料配布なのに、デザインが毎回凝ってるよね。
Henry
ワイも、ここのNFTやPOAPは持っていてもオシャレだから集めたくなる。
Henry
というわけで、ここでは今までに配布されたPOAPやNFTをご紹介してきました。もし漏れとかあったらスイマセン。

今回は、ホワイトリスト限定での販売です

Henry
POAPやNFTを持っていたら、後々に良いことがある可能性もあります。
しかし、どれも入手難易度が高いケースが多いのが難点。

そして、今回もそうです。
今回のMask On NFT Collectionは、333個限定です。

今回は、Maskコミュニティのメンバーの方が描いたNFTなので、Maskとしても初めての試みとして数を少なくしているのかもしれませんが、クリスマスPOAPが50個限定だったので、そもそも供給数少なめの方針で展開していくプロジェクトなのかもしれません。

なので、今回のNFTを購入できたら何か良いことあるのでは?と期待しています。
Cookie
で、どうやって買うの?
買う金はあるけどbot作れないよ。
Henry
ワイもそうや。
その場合は、ホワイトリストに載るなどして購入確度を上げるしか無い。
ちなみに、今回はホワイトリスト限定。
Cookie
ホワイトリストって?
Henry
シンプルに、購入できる権利が付与されている人たちのリストです。
そのリスト対象になれば、購入権利獲得 = 購入できます。

ただし時間指定等もあるため、要注意。

私は直近で、Cyber Galzのホワイトリストに載っていましたが買い逃しました。Mint割れしているので、良いのかもしれんが、これがMint割れしていなかったらと思うと・・・。
Cookie
どうやってホワイトリストに載るの?
Henry
まずは、Maskの公式ディスコードに入ってください。
これは、絶対です。

下記は、今回のNFT販売について詳細が記載されているチャンネルから引用してきた文章です。

📜For the WhiteList:

We want to give the NFT to loyal contributers who are devoted to our community and our projects, most whitelist spots will be distributed to loyal users and we have planned serveral ways to finalize the whitelist members which will be revealed in this week.

⚠️Should Know

The number of eligible community members may have surpassed the total number of NFTs in this collection, hence the number of whitelist spots is more than the number of NFTs.

Having a whitelist spot only makes you eligible to participate in the sale, IT DOES NOT GUARANTEE YOU TO THE SUCCESSFUL PURCHASE OF AN NFT!

公式Discordより
Henry
一言で言うと、コミュニティに対する忠誠心を重視するということです。
また、チャンネル内で、発言量 = レベルやメンバーのサポート、コンテンツ作成力などを見た上でランダムに選定するとのことです。
Henry
なので、積極的に参加して発言するなり、自分の得意な部分でアピールするのが良いです。

より詳しい内容は、ディスコ内のAnnouncement と Mask On NFT Collectionのチャンネルを確認ください。

英語が苦手な方は、コピペしてGoogle翻訳やDeeplを駆使すればOKです。

ホワイトリストに載るのが難しいと思った場合は

Henry
ホワイトリストに載るための作業が大変と思った場合は、当日に購入待機しておいてもチャンスがあるかもしれません。

また、もし買い逃してもMint価格よりかは割高になる場合が大半ですが、OpenSea等の二次市場で購入するという方法もあります。

さいごに

Henry
個人的にMaskが選定して販売するNFTというのは、Martrix Worldの土地であったり、PhantaBearであったりと結構間違いないものを販売してくるので、そのMaskが自分のプロジェクトのNFTを販売するとなると結構色々な付加価値的なお楽しみもやってきてアツいのではないかと思っています。

何よりも、最近Maskがアップデートを行っているTwitterのアイコンNFTにするという所で、何かしらあるのではないかなと妄想してます。

このNFT購入した人たちが各自のTwitterをこのNFTをアイコンにして、333人限定の秘密のコミュニティとか・・・。

といっても、なにがどうなるかがわからないのがNFTの世界です。
不明点があれば、公式ディスコード内でアドミンに質問するなどして、各自でリサーチを行った上で購入する/しないを決めていただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
Cookie
またね〜!
おすすめの記事